糸魚川翡翠〜人類が最初に手にした宝石〜

「人類が最初に使用した宝石である」

新潟県の最西部、北アルプスの高峰が日本海に没する場所から産する糸魚川翡翠は、日本の宝石の最長老であり、今なお枯渇せず採集できる現役の宝石です。
その利用は約7000年前の縄文前期から始まりました。これは世界最初の翡翠の利用であり、世界最古級の宝石の利用例でもあります。古くから利用された糸魚川翡翠は、奈良時代に突然使われなくなり、その後、昭和初期まで1200年もの間、その存在が完全に忘れ去られるなど、日本の古代史の中で大きな謎の一つとなっています。

きめ細かい劈開の煌めき

清流で洗われ、日本海の荒波で磨かれた糸魚川翡翠には、ミャンマー産翡翠の原石に見られる風化による皮膜がありません。きめ細かく程良い半艶の状態であり、微細な結晶の劈開がキラキラと煌めく美しさは、糸魚川翡翠の魅力の一つとなっています。自然が作った礫の形は千差万別であり、自然の造形の妙を感じさせてくれます。最近では人為的な加工をせず、自然の形そのままでペンダントなどに使われることもあるほどです。
糸魚川翡翠には緑色以外に淡紫色、青色、黒色などがあり、特に青色はその稀少性から近年人気と価格が高騰しています。また、糸魚川翡翠からは糸魚川石、蓮華石、松原石など世界で初めて見つかった新鉱物が発見されている他、稀産鉱物が数多く含まれていることがわかっています。

国産糸魚川翡翠の魅力を伝える

小滝川、姫川流域で採掘、採取された翡翠原石を石元様からご提供いただき、製造販売を弊社ライブエンタープライズで管理することで流通経路を把握した商品のみを取り扱っております。
それによって通常の宝石鑑別では鑑定できない原産地証明書をシリアルナンバー入りで発行しており、販売しやすい仕様で店舗様にお届けいたします。

翡翠の関連コラムはこちら!

  • 【国石】が翡翠・ひすいに決まりました!

    皆さまお久しぶりです。 あらいです。 2016年9月24日に大変なことが起きましたね!! 日本糸魚川翡翠協会としてもこれは声を大にして皆様にお知らせしたいです。 今までは水晶が日本の【国石】でしたが 9月24日に【翡翠・ひすい】が日本の国石に正式決定致しました。 翡翠は海洋プレートが沈み込む地中深くで生まれる天然石で、 地質学的に見ても、日本ならではの天然石と言えるんですよ。 縄文時代より日本人の生活の中に無くてはならない資源として活躍していたと聞きます。 なんと縄文人が使っていたハンマーは翡翠でできていたそうです!! 勾玉などの装飾品としてだけでは無く、生活必需品でもあったんですね! 生活の中で普通に翡翠を道具として使っていた時代・・・ 現代での生活とあまりに違いますが、想像するだけで夢が膨らむ時代ですね☆ 日本での翡翠と言えば、新潟県糸魚川地域が最大の産地で宝石にもなる様な綺麗な翡翠も多く産出しています。 翡翠は太古より日本人にはなじみが深く、現代風に言えばオシャレと言えば翡翠というくらい貴族階級のアクセサリーとして大変人気でした。 今回は難しい鉱物学的なお話しはせず、より翡翠に興味を持ってもらいたいので初級者向けにザックリとお話をしますね。 翡翠の色は・・・・ 翡翠には様々な色が有ります。みんながイメージするのは緑だと思いますが、それ以外に青、紫、赤、白、黒など。 海洋プレートの地中深くで生まれる為、マグマの熱や圧力、周りの地質でいろんな色味に変化するんです。 この多種多様な色合いは翡翠の大きな魅力の一つですね。 翡翠の堅さは・・・・ 硬度は6.5~7と宝石としては柔らかい石の為、傷つきやすい面も持っているのですが、 小さな繊維状の結晶が絡み合う構造であり全ての鉱物の中で最も割れにくいとも言われてます。 日本産の翡翠は買えるの? 翡翠一つ一つに日本産と書いている訳ではないので注意が必要です! 中には外国産の翡翠を国産と偽って売っていたりします。 よほどの鉱物マニアでないと見ただけでは違いが分からない場合もあるので。 信用出来るお店や業者さんを探して購入する事をオススメします。 最後に 弊社は日本糸井川翡翠協会から今では取る事の出来ないような原石をお譲り頂き、 尚且つ糸魚川産の翡翠である事の証明書発行する事により、安心して唯一無二の国石翡翠をご提供できるようにしております。 国石認定を機に、多くの方々が翡翠に興味を持ってくれております。 お取り扱いや、ご購入をご希望の方はお気軽にご連絡をお待ちしております。 天然石の業者はコチラ 03-5928-3105 一般のお客様はコチラ 0800-800-1406 気軽にお問合せください!

  • 毎日身に着けて!「おまもり珠」がパワースポットとあなたの願いを結びます!

    日本独特の歴史と伝統が詰まった一粒に、京都の組紐職人が作り上げた組紐を組み合わせた、身に着けられるお守りブレスレット「おまもり珠」 こだわりの詰まったお守りブレスレット 日本伝統の一粒を 古都、京都の伝統組紐を いつでも身に着けられるブレスレットに この「おまもり珠」も同様に、日本のパワースポットの一粒と持ち主の願いを結ぶ事を祈り、伝統ある京都の職人に手がけられた絹組紐を用いてブレスレットに仕上げた、身に着けられるお守りです。 おまもり珠が結ぶ「願い」 おまもり珠は様々な「願い」を結ぶように祈りが込められています。 縁結び 健康長寿 心願成就 開運厄除け 運気上昇 ご覧頂きありがとうございます いかがでしたでしょうか? 「日本のパワースポットの素材」に「日本の紐」の組み合わせなので、どうしても数珠などのような純和風になってしまいがち。 そこをあえて、細身のシンプルなブレスレットにつくっているのは、毎日身に着けて欲しいというわたしたちの願いからです! あなたの願いに合った1つだけでなく、全ての願いが叶うように2つ、3つと持っていても良い「お守り」ですね! それぞれの石について こちらでも詳しくご覧いただけます!

  • 【池袋ミネラルショー】大盛況に終わった池袋ミネラルショーで人気だった商品をご紹介!

    こんにちは Webのあらいです。 先週の12/4~7の間、第24回東京ミネラルショー(池袋ミネラルショー)が開催されました! 沢山の方にご来場いただきましてありがとうございました☆ Webを担当しているとこういう機会でないとなかなかお会いできない方ばかりなので、 ぼくが直接担当させてもらっている方は少なかったですが、とても楽しかったです!! 今回僕がブースに立ってみたところ、池袋のミネラルショーはどっちかというとがっつりと石が好きな人というよりも若干ライトに石が好きな人が多いと感じました。 特にヒーリング浄化系アイテムの人気がとても高く、石卸屋WEBショップのオリジナル商品を見てブースにいらして下さったお客様も多かったので、石が好きな人にライブエンタープライズのヒーリング商品の認知が高まってきたと思います。 池袋ミネラルショーの人気商品ご紹介☆ 今回一番お客様にこれなに?どういう効果があるの?どうやって使うの?と質問攻めにされたのはこれです 絵に秘められた波動やエネルギーを受け取ることができる癒しのアート 【エナジーアート】 エナジーアートの種類の一つ【エナジーオラクルカード】はセルフヒーリングであるソウルトレーニングを行うことができます。 ソウルトレーニングとは、自分自身と向き合い、心の中の自分と対話することにより心と身体のバランスを整え、「心の中の答え」を直接受け取り、新たなる成長を目的としたセルフヒーリングです。 大切なものに気づき、心から感じさせてくれるでしょう。 満を持して池袋ミネラルショーでお披露目させて頂きました! エナジーアートの詳細はコチラ その他に人気が高かったものをご紹介です☆ 【シンギングボール】 皆さんが興味津々で鳴らすのに挑戦していました! ついでにいうとあらいはこれ鳴らすの得意で、僕が出てた日の終盤はずっとこれ鳴らして接客していました(笑 シンギングボールはコチラ 【エナジーカード】 やはりブースに来る方で一番商品名を言われたのはこれ! あー、エナジーカードだーって指差されながらブースに来てくれたお客さんがかなり多くてとてもうれしかったです!! 少し使い方についてお話をお客様に伺いましたが、千差万別! とてもユニークな使い方をしている方も大勢いて、ヒーリングってやっぱり決まった形はないんだなぁと勉強になりました! エナジーカードはコチラ 【糸魚川翡翠】 そしてやはり糸魚川翡翠は別格の人気を誇ります! ミネラルショーには青翡翠のブレスレットやろうかんのペンダントトップなども持っていきました! 次に入荷したら石卸屋WEBショップにもアップしたいと思います☆ 糸魚川翡翠の特集はコチラ ついでに僕が書いた糸魚川翡翠のコラム 【ヒーリングクリスタルチューナー/エンジェルヒーリングチューナー】 やっぱりチューナーは大人気なんですよね どの展示会でもサンプルを使って音の確認をしている姿が途切れません。 チューナーの心を癒す音色がず~っと鳴り響いていました☆ ご購入頂いたお客様は高品質のポイントと通常のポイントを見比べて、多少高くとも綺麗な高品質なほうをお選び頂いていたことも印象的です。 クリスタルヒーリングチューナー系はコチラ 【エナジーサンキャッチャー】 お客さんお目を一番引き付けたのはやっぱりエナジーサンキャッチャー!!! 様々な人がくるくる回るこのサンキャッチャーに興味が深々☆ 特にお子様方がず~~~~っと見つめていてお母さんたちが困ってたのが印象的でした(笑 https://vine.co/v/eTwqdYDKHIt エナジーサンキャッチャーはコチラ 以上が第24回東京ミネラルショーで人気だった商品のご紹介でした!! 是非とも仕入れをする際の参考にしてください。 関連記事はこちら ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。コラムが更新されたかすぐに確認することができます!  

  • いにしえの翡翠装飾品【大珠】

    翡翠大珠 翡翠には大珠(たいしゅ)(太珠とも書かれることがあるみたいです)と呼ばれる型があるのですが、皆様知っていますか? 翡翠が好きな人なら耳慣れた言葉でも世間的な認知度はまだまだ低いようです。 たまたますごい翡翠大珠を手に入れたので今回のコラムの題材にしちゃいました!!! 翡翠大珠は今から約5千年ほど前の縄文時代中期に始まって後期にかけてのおよそ2千年間の遺跡から出土する翡翠製品といわれています。 大きさは5㎝~15㎝ぐらいで細長い楕円形に中央に紐を通すためなのか【穴が空いている】のが特徴です。 この翡翠大珠なのですが、原産地や製品の生産遺跡が新潟県糸魚川市域にほぼ限られると福井県の文化センターの記載があったのでとても覚えています。 当時の交易や流通形態は、もしかしたら【糸魚川を中心として】日本各地へと持ち運んだのかもしれませんね! 大珠と勾玉の相違点 大珠と勾玉って似ていませんか? これは完全にあらいの想像になってくるのですが、小さい大珠は真ん中の穴に紐を通してお守りに使っていたんじゃないかと思うんです。 何かに見立てていたのか、それとも翡翠自体の力を頼ってお守りとしていたかはわかりませんが、そういう気がしませんか? 勾玉は動物の牙などの一部を模倣した形といわれたり、母親の胎内にいる胎児を表した物とよくいわれますよね。 これも同じように穴が空いているじゃないですか! 強い獣だったり、子供のことを思って首から紐でぶら下げていたんじゃないかと想像しちゃいます☆ 多分今も昔も、同じように大事な物を守るために大珠も勾玉もお守りとして使っていたんじゃないかなぁ そう考えると翡翠がより身近に感じてきませんか? 僕はロマンを感じてより好きになっちゃいましたよ(笑 今回手に入った大珠はまさかの琅玕(ロウカン)部分があるんです。 どうですこの美しい緑色は!!! もう一枚別の角度でぱしゃり そのうちこれを石卸屋に出したいなぁ お守りとして使って頂きたいのですがレアすぎますかね?笑 タイミングを見てアップしたいと思いますのでご期待ください!!!! 関連記事はこちら ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。コラムが更新されたかすぐに確認することができます!  

  • 糸魚川翡翠〜人類が最初に手にした宝石〜

    「人類が最初に使用した宝石である」 きめ細かい劈開の煌めき 国産糸魚川翡翠の魅力を伝える 翡翠の関連コラムはこちら! こちらもお読み下さい! ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。コラムが更新されたかすぐに確認することができます!

  • 【透明感のある希少な翡翠】アイスジェイドの美しさ

    今回は翡翠の中で、僕が一番美しいと勝手に思っている物を題材にしたいと思っています☆ 天然石には、時代や特徴を差別化する流れの中で新しい呼び方が付いている物が多数あるのは知っていますか? 今回はそのような様々な呼び名がある石の中でアイスジェイドについてご紹介します!!! アイスジェイド、氷翡翠、ガラスジェイドなどと様々な呼び方がありますが、一貫してわかることは透明感がある翡翠 呼び方からしてそのようなイメージを連想させてくれます。 上記の透明感があるものがアイスジェイドです! 実際にカラーレスな翡翠のことを上記の呼び名で呼ぶことが多いのですが、古代から使われてきた翡翠の歴史を考えると【アイスという英語読み】は、まさに最近から呼ばれだした名前と言えるでしょう。 透明感のある翡翠という意味でも呼ばれているようです。 それだけ翡翠のカラーバリエーションが多い事や世界中で親しまれているからこそ、新しい呼び名が生まれるのだと思うと、想像がつかない新しい特徴を持った翡翠が見つかってしまったり、面白い名前がついたりするんじゃないかと想像しちゃいますね!! それじゃ最後に糸魚川翡翠のアイスジェイドをお見せしちゃいます☆ ライトを当てると透ける! 緑の部分が透けてるのが美しいんです ナイスな角度でしょこれ ライトを当てた部分だけ綺麗に透ける!!!! まだ原石なので、これがどういった感じで加工されるのか今からわくわくしてます ブレスレットにしたいんだけど、この原石じゃ足りないんだよなぁ・・・ 勾玉や翡翠のリングなんかにはできそうかも☆ よしっ!勾玉にしよう☆ ご紹介できる日を楽しみにしてまーす ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。翡翠コラムが更新されたかすぐに確認することができます!

  • 糸魚川白翡翠が好きです☆

    私が翡翠について最初に紹介したいと思っていた色があります。 すばりそれは【白(ホワイト)】翡翠なのです☆ 翡翠といえば流通量も考えるとふつうは緑色の翡翠を思い浮かべると思いますが、白翡翠は緑色の翡翠の次に出やすい翡翠でもあります。 メジャーな色ではあるのですが・・・ それよりも私が一番最初に翡翠を取り扱うことになった時の対象が【白翡翠】だったんですよ(笑 その時に様々な偶然もあり、私にとって特別な色の翡翠となったので最初にご紹介したかったんです!!!! 翡翠と言えば中国を外すことはできないでしょう! はるか昔は玉(ギョク)といわれ中国を代表する宝石としてとても有名ですよね。 私がその時に知ったのですが、白翡翠の中でも、中国の新疆ウイグル自治区、かつての西域南道のオアシスの【和田(ホータン)】で当時とてつもなく貴重だったホワイトネフライト(白玉)が大量に見つかったそうです。 ホワイトネフライトは中国人が【当代の名玉】と称賛してきた特別な翡翠で特にその場所で見つかったホワイトネフライトをホータンジェードと呼ぶようになったそうです。 当時ホワイトネフライトを見つけた人たちはどれほどの驚きだったのか・・・ 想像するだけで、自分が持っているホワイトジェードが当時どれぐらいの価値だったのか気になってきます(笑 また、中国では古来ネフライトを汚れのない純白の石を持つ石としてホワイトネフライトを最高の宝石としたといわれています。 あの孔子もホワイトネフライトを称賛し、君子を玉に例えていることからも中国での価値が分かります。 東洋人の間でのエピソードの一つとして、特に覚えていたのが翡翠を身に着けると幸せを呼び、災いが遠ざけ、正しい行いをすれば石はそれに呼応し透明感を増しその色は向上するというお話です。 幸せや災いに関しては私がどうだとは言えないですが、少しでも透明感のある石だったら長年使用することにより、翡翠の組織の間に自身の体の油が染み込むことで透明感が上がり、表面を指で触ることで猶更透明感が上がるとのことでした。 こういう話を聞くと昔から上質な翡翠を手に入れた人たちが思い浮かびます。 家宝として恋人や家族、そして子供に託し、翡翠を大事に継承していったんではないかと思いますね! ってやばいやばい!熱が入りすぎて白翡翠のおはなしが脱線しすぎてました(笑 もどしまーす! 今日は私のお気に入り、糸魚川産の白翡翠.。゚+.(´∀`○)゚+.゚。 原石も存在感がありますね! これを加工したのがコレ!! 糸魚川翡翠 A+ ブレスレット No.5 証明書付き はるか昔から紡がれてきた翡翠の歴史・価値観・そして力強さを私は感じずにはいられません。 白いのに大地の力強さを感じませんか? 私だけだったらどうしよう(笑 勾玉も実は今加工中なんですヾ(´ω`)ノ 完成が楽しみなんですよねー 近く皆様に白翡翠の勾玉も紹介できると思いますので、それまでしばらくお待ちください。 次のコラムは何色のご紹介をしようかな~ ショールームにあるブレスレットでも見ながら決めます☆ ではまた次回をお楽しみに.:*゜.:。:.(´∀`).:*゜:。:. ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。翡翠コラムが更新されたかすぐに確認することができます!  

  • 糸魚川翡翠の魅力とロマン

    はじめましての人も、はじめましてじゃない人もこんにちは! Web事業部のあらいです。 糸魚川産の翡翠とミャンマー産の翡翠は何が違うんだろう? 糸魚川翡翠について興味をもたれたお客様によく聞かれます!! どっちも美しい翡翠なんですが、その違いはおいおいゆっくりとお話していきましょう☆ まず翡翠には非常にたくさんの色が存在するの皆さんもご存じのとおりです。   翡翠は【翡翠(カワセミ)という文字】からすると赤と緑という意味ですよね。 でも実際には緑、青、紫、赤、黄、橙、茶、黒、灰、白といった幅広い色合いがあるのです☆ さらに濃淡などのバリエーションや青味がかった緑や多色に色が混じった物、カラーレスに近い物など・・・ 他の石に比べてとても多くの色合いを楽しめるため、入荷した際に見たことがない色を見つけた時はとにかく興奮しちゃいます(笑 細かくいうと翡翠を構築する成分の割合などで色味が決まってくるのですが、今度詳しくお話しますね。 翡翠は「世界最古の宝石」であり、「人類がはじめて身に着けた装飾品」といわれるほど歴史ある石ですので、数話ではなく、何十話も続くコラムになります。 今回は翡翠初のコラムですのでライブエンタープライズの「翡翠に対する姿勢」をご理解いただけると嬉しいです。 私たちは「糸魚川翡翠を幅広くご紹介したい」という思いを込めて日本糸魚川翡翠協会を設立し、運営をしています。 この設立の背景として ・日本産の翡翠(糸魚川翡翠)がどれだけ美しいか、世界中の皆様にお知らせし、認知して頂きたい! ・糸魚川翡翠がほしいと思っている方へ、類似品や模造品ではなく本物をお届けしたい! このような思いから健全な翡翠の環境を整えるために原石の仕入れルートを一本化し、証明書を発行できる非営利団体を設立いたしました。 みんなに翡翠というものを身近に感じてほしいという思いから、いろんな商品の加工ができる体制を作り、翡翠の幅を広げるための活動をしています。 様々な翡翠の原石から商品の加工をしていくと、糸魚川産の翡翠には色々な色があることは冒頭お伝えしました。 ベースが白いものが多いのですが、今回、なんと青翡翠の勾玉を入手しました^-^ 青翡翠といってもグレーとブルーの中間、和の香りを感じずにはいられません。 ◇◆◇ 完全限定 青翡翠の勾玉 ◇◆◇ 正直僕も欲しい!! さらに麻ひもでペンダントにしたい(笑 絶対かっこいいし・・・今度作っちゃおうかなぁ もちろん使うのは糸魚川に合わせて国産の麻ひもで^-^ 完成したらここでお披露目させていただきま~す(笑   ↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。翡翠コラムが更新されたかすぐに確認することができます!

こちらもお読み下さい!

日本随一パワースポットからの贈り物「富士溶岩石」

2015.09.01

神秘の森からあふれ出す生命力、長寿の樹「屋久杉」

2016.03.30

↓「石卸屋ライン@」のタイムラインでコラムの更新情報などを随時公開していきます。よかったらご登録してみてください。コラムが更新されたかすぐに確認することができます!

シェアお願いします!

今なら1000ポイントプレゼント

ただいま石卸屋Webショップにご登録頂きますと、もれなく「サイト内で使える1,000円分のポイント」をさし上げております! ご登録いただくと、もっと詳しい内容や、たくさんの商品がご覧いただけますので、事業を営んでいる皆様方、ぜひこの機会に石卸屋Webショップにご登録くださいませ!